自動車の燃費上げる方法!アイドリングストップを有効活用

車を利用する時に、切っても切れない関係が燃費ですよね。燃費とは「1ℓの燃料でどのくらいの距離を走ることができるか」をわかりやすい数値で表したものです。

km/Lという単位で現れます。だいたい普通の乗用車やミニバンの燃費は7~10km/Lといったところでしょうか、昨今の低燃費といわれるような自動車は 20km/Lを超えるような低燃費の自動車もあります。

当然、よく車に乗ることがあるような人や通勤通学に自動車を用いるような方には燃費の良い車の方が燃料代が問てお安くなり得するということになります。

この自動車の燃費というものには車体の重さ、乗る人数、走る時の空気や道路など環境、運転方法など多くの条件が燃費の良さに作用します。

 

自動車の燃費をよくするための方法

ガソリンをたくさん消費するような時はどんなときでしょうか。

まずは信号が青になり車を発進するときや前方の自動車を追い越しする際の加速時、坂道のを上る時、高速道路を高速で走行している時、などこのような時にはエンジンは強いパワーが必要になり、燃料を多く使用します。

このような時は特に注意してエコドライブを行うことが大事になります。では、エコドライブとはどのような運転のことでしょうか。よく言われるのがアイドリングストップです。

 

アイドリングストップとは

アイドリングストップとは車を駐車するときや信号を待つとき等の時間にエンジンを一度切り、停止させることによって燃料説y九と排気ガス削減ができるとてもエコな方法です。

アイドリングストップとは?

アイドリングストップが理想的に行われると14%程度の燃料節約できるといわれています。エンジンを再び始動したときの燃料と5秒間のエンジン停止時で節約される燃料がほぼ等しいので5秒間以上停止する場合はアイドリングストップを行った方が燃料代はお得になることが予想されます。

また無駄なCO2の削減にもつながるのでお財布にも環境にも優しいエコドライブをみなさんもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

保存

保存