ダイレクト自動車保険のメリットとデメリット

ダイレクト自動車保険は簡単に言うと代理店を通さずに直接保険会社と契約をします。

例えば新しい車を購入しすぐに乗りたい場合ご自身の携帯一つで全ての契約が可能です。その手軽さから加入者が年々増加傾向にあるダイレクト自動車保険です。

 

ダイレクト自動車保険は保険料が安い

ダイレクト自動車保険は直接保険会社と契約するので仲介手数料がいらず安い料金で自動車保険に加入出来る事が最大のメリットです。

契約は人が出向く必要がなく電話やインターネットを通して行われ、契約完了時には郵送で契約内容が送られてくるので無駄な人権費がかからず店舗をかまえる必要がないんです。そのおかげで安く利用出来るという仕組みです。

 

忙しい方でも簡単に申し込める

インターネットで契約するのにかかる時間は最短で数分です。電話をする必要も書類を送る必要もありません。

最近では多くのダイレクト自動車保険会社がありますのでインターネットを使えば会社を比較し自分に合った保険会社を簡単に短時間で探す事が可能です。

自宅にパソコンがない場合や外出先でも携帯一つで申し込みが出来ますので多忙な方にもぴったりです。

 

顔の見えない相手との契約

自動車保険は高いものだと10万以上の場合もあります。それでも手続きは開始から完了まで全てインターネットでの操作なので本当に登録出来ているのか騙されていないのか不安を抱く方が多いのも事実です。

実際契約完了書類も郵送で行われますので配達の遅れなどもあります。その間電話がかかってくる事は一切ありません。その為にストレスを感じる方は代理店型を選択する必要があります。

 

全ての判断は自分自身

代理店のようなアドバイスは一切ありません。保険を契約する際記入に謝りがあった場合でも自己責任です。

手軽さゆえに契約内容の確認を怠ったり曖昧に記載してしまうと保険料が上がったり事故をした際のサービスを受けられなかったりします。

ダイレクト自動車保険を選ぶにあたり、最低限の自動車保険の知識が必要になることがデメリットだと言えます。

「ダイレクト型(通販型)」「代理店型」「自動車共済」って何?