ダイレクト自動車保険のメリットとデメリット

ダイレクト自動車保険は簡単に言うと代理店を通さずに直接保険会社と契約をします。

例えば新しい車を購入しすぐに乗りたい場合ご自身の携帯一つで全ての契約が可能です。その手軽さから加入者が年々増加傾向にあるダイレクト自動車保険です。

 

ダイレクト自動車保険は保険料が安い

ダイレクト自動車保険は直接保険会社と契約するので仲介手数料がいらず安い料金で自動車保険に加入出来る事が最大のメリットです。

契約は人が出向く必要がなく電話やインターネットを通して行われ、契約完了時には郵送で契約内容が送られてくるので無駄な人権費がかからず店舗をかまえる必要がないんです。そのおかげで安く利用出来るという仕組みです。

 

忙しい方でも簡単に申し込める

インターネットで契約するのにかかる時間は最短で数分です。電話をする必要も書類を送る必要もありません。

最近では多くのダイレクト自動車保険会社がありますのでインターネットを使えば会社を比較し自分に合った保険会社を簡単に短時間で探す事が可能です。

自宅にパソコンがない場合や外出先でも携帯一つで申し込みが出来ますので多忙な方にもぴったりです。

 

顔の見えない相手との契約

自動車保険は高いものだと10万以上の場合もあります。それでも手続きは開始から完了まで全てインターネットでの操作なので本当に登録出来ているのか騙されていないのか不安を抱く方が多いのも事実です。

実際契約完了書類も郵送で行われますので配達の遅れなどもあります。その間電話がかかってくる事は一切ありません。その為にストレスを感じる方は代理店型を選択する必要があります。

 

全ての判断は自分自身

代理店のようなアドバイスは一切ありません。保険を契約する際記入に謝りがあった場合でも自己責任です。

手軽さゆえに契約内容の確認を怠ったり曖昧に記載してしまうと保険料が上がったり事故をした際のサービスを受けられなかったりします。

ダイレクト自動車保険を選ぶにあたり、最低限の自動車保険の知識が必要になることがデメリットだと言えます。

「ダイレクト型(通販型)」「代理店型」「自動車共済」って何?

自動車の燃費上げる方法!アイドリングストップを有効活用

車を利用する時に、切っても切れない関係が燃費ですよね。燃費とは「1ℓの燃料でどのくらいの距離を走ることができるか」をわかりやすい数値で表したものです。

km/Lという単位で現れます。だいたい普通の乗用車やミニバンの燃費は7~10km/Lといったところでしょうか、昨今の低燃費といわれるような自動車は 20km/Lを超えるような低燃費の自動車もあります。

当然、よく車に乗ることがあるような人や通勤通学に自動車を用いるような方には燃費の良い車の方が燃料代が問てお安くなり得するということになります。

この自動車の燃費というものには車体の重さ、乗る人数、走る時の空気や道路など環境、運転方法など多くの条件が燃費の良さに作用します。

 

自動車の燃費をよくするための方法

ガソリンをたくさん消費するような時はどんなときでしょうか。

まずは信号が青になり車を発進するときや前方の自動車を追い越しする際の加速時、坂道のを上る時、高速道路を高速で走行している時、などこのような時にはエンジンは強いパワーが必要になり、燃料を多く使用します。

このような時は特に注意してエコドライブを行うことが大事になります。では、エコドライブとはどのような運転のことでしょうか。よく言われるのがアイドリングストップです。

 

アイドリングストップとは

アイドリングストップとは車を駐車するときや信号を待つとき等の時間にエンジンを一度切り、停止させることによって燃料説y九と排気ガス削減ができるとてもエコな方法です。

アイドリングストップとは?

アイドリングストップが理想的に行われると14%程度の燃料節約できるといわれています。エンジンを再び始動したときの燃料と5秒間のエンジン停止時で節約される燃料がほぼ等しいので5秒間以上停止する場合はアイドリングストップを行った方が燃料代はお得になることが予想されます。

また無駄なCO2の削減にもつながるのでお財布にも環境にも優しいエコドライブをみなさんもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

保存

保存

走行距離を基準とした車買い替え

車を買い替える時に目安となるが走行距離です。車の1年間の平均走行距離は1万キロと言われています。5年乗れば5万キロです。車の走行距離は、車の状態そのものに影響しますので、査定額に直結します。

ディーラーの下取りを利用する場合、10万キロを超えると値段がつかないと言われています。一般的に言われるゼロ査定です。場合によっては、廃車の費用を請求されることもあります。

 

過走行車や低年式車を売る方法

こうした場合は、ラビット、アップル、ガリバーなど車買取業者に査定してもらうとある程度の値段で売れる可能性があります。買取業者はディーラーには無い、海外への販売ルートを持っていますので、過走行車や低年式車でも買い取る傾向があります。

国内では値段がつかなくても、海外で値段がつく理由は、日本車の性能にあります。日本車は高品質で壊れにくく、日本車というだけでブランドになります。家電やなどが海外で人気があるのと同じで車も人気があります。

買取業者に査定をお願いする場合は、一括査定などのサービスを利用すると一度に複数の買取業者から査定してもらえるので手間がかかりません。まだ子供が小さく手が放せない方や、平日は時間がないサラリーマンの方に特におすすめです。一括査定は無料で利用できます。

「もう、10年も乗っているしエンジンの調子も悪い。廃車にしよう」と考えている方は査定を受けてみてはいかがでしょうか。その車に何年乗っているかは、海外の人にはあまり大きな問題ではないので、買取業者に査定してもらえば意外と高く売れるかもしれません。

特に軽自動車の場合は、国内でのニーズも非常に高く、走れればいいと言う方も多くいらっしゃいますのでいきなり廃車にしてしまうのはもったいないです。

車は何年乗る?売るタイミングを考えて準備をしよう

保存

保存

車を買い替える理由

車を買い替える理由は様々ありますが、具体的にどういった理由が多いのか気になりませんか?ここでは、どのような理由で買い替える人が多いのが調べた結果をお伝えします。

 

買い替え理由一覧

車を買い替える理由一覧です。

  • そろそろ10万キロになるから
  • 部品交換が増えてきた
  • なんとなく調子が悪くなってきた
  • タイヤの溝が少なくなってきた
  • モデルチェンジがリリースされたので買い替えたい
  • 子供が生まれたので広い車にするため
  • 維持費が高いので普通車から軽自動車へ買い替えを検討

こうしてみると、皆さんそれぞれですね。

分けると、「車の不調」と「生活環境の変化」といったところでしょうか。当然ですが、外部の何かしらの影響によって買い替えを検討される方が圧倒的に多かったです。

 

3万キロ未満、3年目の車検前に買い替える人もいる

驚くかもしれませんが、3年で買い替えてしまう人もいます。

3年というとかなり短く感じますが、このくらいの年数だとモデルチェンジが発売されている可能性も低く、走行距離も少ないため新車購入時の80パーセントくらいの値段で売れることもあります。

お金に余裕がある方に限らず、出産を機に車を買い替える人にとっても3年の車検前は高く売れるし、車検費用を節約できるので意外と狙い目のポイントです。

 

買い替えで自動車ローンを使う

出産などで、車を買い替える時、お金がない…。という方は意外と多いです。出産費用や、子供用品の購入など費用がかさみます。その時は、現金一括など無理をせず、自動車ローンを組みましょう。

自動車ローンで気になるのは「金利」ですが、実はコレ、価格交渉できます。ディーラーや販売店は協業している、銀行や信販会社が異なるので、金利に違いがあります。決算期の3月や9月などは1台でも車を売りたい時期ですので、これにタイミングを合わせて訪問してみてもいいでしょう。

3年5年ローンが一般的ですが、現金一括と同じ位の負担で済む場合もあります。

車は何年乗る?売るタイミングを考えて準備をしよう

保存

保存