走行距離を基準とした車買い替え

車を買い替える時に目安となるが走行距離です。車の1年間の平均走行距離は1万キロと言われています。5年乗れば5万キロです。車の走行距離は、車の状態そのものに影響しますので、査定額に直結します。

ディーラーの下取りを利用する場合、10万キロを超えると値段がつかないと言われています。一般的に言われるゼロ査定です。場合によっては、廃車の費用を請求されることもあります。

 

過走行車や低年式車を売る方法

こうした場合は、ラビット、アップル、ガリバーなど車買取業者に査定してもらうとある程度の値段で売れる可能性があります。買取業者はディーラーには無い、海外への販売ルートを持っていますので、過走行車や低年式車でも買い取る傾向があります。

国内では値段がつかなくても、海外で値段がつく理由は、日本車の性能にあります。日本車は高品質で壊れにくく、日本車というだけでブランドになります。家電やなどが海外で人気があるのと同じで車も人気があります。

買取業者に査定をお願いする場合は、一括査定などのサービスを利用すると一度に複数の買取業者から査定してもらえるので手間がかかりません。まだ子供が小さく手が放せない方や、平日は時間がないサラリーマンの方に特におすすめです。一括査定は無料で利用できます。

「もう、10年も乗っているしエンジンの調子も悪い。廃車にしよう」と考えている方は査定を受けてみてはいかがでしょうか。その車に何年乗っているかは、海外の人にはあまり大きな問題ではないので、買取業者に査定してもらえば意外と高く売れるかもしれません。

特に軽自動車の場合は、国内でのニーズも非常に高く、走れればいいと言う方も多くいらっしゃいますのでいきなり廃車にしてしまうのはもったいないです。

車は何年乗る?売るタイミングを考えて準備をしよう

保存

保存